UPM大会のお知らせ

日本心理医療諸学会連合(UPM)第33回大会

会員の皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さてこの度、下記の要領にて日本心理医療諸学会連合(UPM)第33回大会を開催いたします。
皆様お誘い合わせの上ご参加ください。こころよりお待ちしております。

COVID-19の影響により、2021年度に延期となりました

■大会テ−マ

「ポストコロナを見据えた心理職と医療職の協働」

会期 2020年11月8日(日)9:45〜17:00(9:15 受付開始)
会場 東京医科大学新宿キャンパス第一看護学科棟
〒160−8402 東京都新宿区新宿6−1−1
※JR・小田急・京王線:「新宿駅」東口・中央東口から徒歩約20分
※西武新宿線:「西武新宿駅」から徒歩約20分
※都営バス:新宿西口から練馬車庫前行「新宿一丁目北(元厚生年金会館前)」から徒歩約3分
※東京メトロ丸ノ内線:「新宿御苑前駅」出口2から徒歩約7分
※都営新宿線:「新宿三丁目駅」出口C7から徒歩約10分
※東京メトロ副都心線:「新宿三丁目駅」から徒歩約15分
(西新宿の東京医科大学病院とは異なりますのでご注意ください)
主催 日本心理医療諸学会連合(UPM)
大会長 小田切 優子(日本ストレス学会・UPM副理事長)
運営委員 吉内 一浩(日本行動医学会・UPM理事長)
嶋田 洋徳(日本認知・行動療法学会)
松野 俊夫(日本交流分析学会)
中尾 睦宏(日本バイオフィードバック学会)
細谷 紀江(日本心療内科学会)
島津 明人(日本ストレス学会)
岩満 優美(日本ストレス学会)
参加費 UPM加盟学会会員:4000円,非会員:5000円,学生:2000円
支払方法は申し込み受理後にご連絡いたします。
学生の方は身分を証明するものを当日ご持参ください。
大会事務局 日本心理医療諸学会連合第33回大会事務局(東京医科大学公衆衛生学分野)
E-mail:UPM33stress@gmail.com
TEL:03−3351−6141(237)
FAX:03-3353-0162

第33回大会プログラム

  ■ 大会プログラム
9:15 受付開始
9:45〜 開会挨拶      日本心理医療諸学会連合 理事長:吉内 一浩
大会長挨拶     同 第33回大会 大会長:小田切 優子
10:00〜12:45
第1部 : 講習会 前半10:00〜11:15、後半11:30〜12:45
(カッコ内の人数は募集予定人数です)
講習会 I  10:00〜11:15 講習会 II  11:30〜12:45
【A.日本認知・行動療法学会主催(80)】
●「大規模災害以降に顕在化しうる心理社会的困難への集団認知行動療法」
講師:小関 俊祐
(桜美林大学心理・教育学系)
●「大規模災害以降に顕在化しうる心理社会的困難への集団認知行動療法」
講師:小関 俊祐
(桜美林大学心理・教育学系)
【B.日本交流分析学会(80)】
●私たちのTA@〜co-creativeという発想(関係性は一緒に創るもの)〜
講師:島田 凉子
(人間総合科学大学大学院
人間総合科学研究科)
●私たちのTAA〜co-creativeというスタンスは様々な領域で役立つ
講師:島田 凉子
(人間総合科学大学大学院
人間総合科学研究科)
【C.日本ストレス学会(60)】
●「その健康記事、正確ですか?」〜疫学研究デザインを考える〜 T
講師:菊池 宏幸
(東京医科大学公衆衛生学分野)
●「その健康記事、正確ですか?」〜疫学研究デザインを考える〜 U
講師:菊池 宏幸
(東京医科大学公衆衛生学分野)
【D.日本バイオフィードバック学会(60)】
●バイオフィードバックとチーム医療
講師:小山 明子,柊 未聖
(東邦大学医療センター大森病院心療内科)
●バイオフィードバックの生理・生化・心理学的指標:過去と未来の四半世紀を展望
講師:中尾 睦宏
(国際医療福祉大学)
12:45〜14:00 昼食(学内の食堂は開いておりません。各自ご持参いただくか、近隣にてお買い求めください。会場でのお食事が可能です。)
12:45〜14:00 UPM理事会
14:00〜16:50
第2部 :事例検討会
○司会・コメンテーター
吉内 一浩(東京大学、日本行動医学会、UPM理事長)
小田切 優子(東京医科大学、日本ストレス学会、UPM副理事長)
○コメンテーター
柴山 修(横浜労災病院心療内科、日本心身医学会)
江口 尚(北里大学医学部公衆衛生学単位、日本ストレス会)
小林 由佳(株式会社読売新聞東京本社総務局、日本認知・行動療法学会)
○事例提供者
石澤 哲郎
(産業医事務所セントラルメディカルサポート/ワーカーズクリニック銀座/東京大学医学部附属病院心療内科、日本心療内科学会)
「事例1:外出恐怖と職場不適応で出社できなくなったパニック障害の一例」
「事例2:双極性障害およびパーソナリティの問題で対応に苦慮した一例」
16:50〜17:00 閉会挨拶    大会長 小田切 優子
  ■ 大会事前申し込み (受付期間:2020年8月1日〜11月3日)

下記の必要事項を記入し、第33回大会事務局宛にメールまたはFAXにてお申し込みください。
定員を超えた場合は、お断りする場合もございます。お早めにお申し込みください。

● 第33回 日本心理医療諸学会連合大会 申し込み要項

1. 参加者ご氏名(ふりがな)
2. 職種
3. 希望する講習会名
  ※講習会I(A・B・C・D)、講習会II(A・B・C・D)より各1つ選択してください。
  ※同じ時間帯に1つしか受講できません。定員制ですので先着順とさせていただきます。
  ※A:日本認知・行動療法学会については講習会iとiiは同内容です。
  ※B:日本交流分析学会については講習会IとIIの通しでもどちらか一方でも可能です。
  ※C:日本ストレス学会については講習会IとIIの通しでの参加をおすすめします。
  ※D:日本バイオフィードバック学会は、バイオフィードバック技能師資格認定講習会を
   兼ねています。
4. 所属するUPM加盟学会名(主たる学会名)、または一般参加・学生等の区分をお書きください。
学生の場合、当日、学生証をご提示ください。
5. 連絡先 メールアドレスを必ずお書きください。 受付確認後、メールにてご連絡を差し上げます。
 ※受付確認後、ご連絡差し上げます。

● 申込み・問い合わせ先

 日本心理医療諸学会連合第33回大会事務局
(東京医科大学公衆衛生学分野)

E-mail:UPM33stress@gmail.com
TEL:03−3351−6141(237)
FAX:03-3353-0162

  • お問い合わせ
  • UPM事務局 担当:大谷 upm_office@yahoo.co.jp

〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院 心療内科医局内