理事長あいさつ

日本心理医療諸学会連合理事長挨拶

このたび、細谷紀江先生の後を継いで、日本心理医療諸学会連合(UPM)の理事長を拝命した吉内一浩(日本行動医学会)と申します。UPMは、心身医療及び心理学的援助を研究するbio-psycho-social領域の諸学会の連合体として1987年(昭和63年)に設立された、大変歴史のある連合体で、また、他に類を見ない学際的な連合体でもありますので、大変光栄に存ずるとともに、身が引き締まる思いでございます。

私一人では、何分力不足でございますので、副理事長として、小田切優子先生(日本ストレス学会)と嶋田洋徳先生(日本認知・行動療法学会)にご協力いただけることになりました。

UPMは、昨年日本ヨーガ療法学会が加盟してくださり、現在15学会から構成されておりますので、UPM大会においては、参加しやすい価格で、様々な評価法や治療技法を学ぶ、チャンスを提供できると期待しておりますので、会員の先生方を始め、非会員の若手の方などに、是非お勧めいただけますと幸いです。第32回大会は、日本認知・行動療法学会の清水栄司先生が大会長を務められ、千葉大学において11月10日に開催されます。繰り返しになりますが、今回も大変魅力的なプログラムとなっておりますので、楽しみしていただけますと幸いです。

最後になりますが、理事長交代に伴い、事務局も4月24日移転予定となっております。これまで事務局を担当されてこられました、事務局長の小池一喜先生(日本歯科心身医学会)、事務局担当の成島・篠崎の両氏には大変感謝申し上げる次第でございます。また、UPMをさらに発展させてこられた細谷前理事長にも感謝を述べて、就任の挨拶とさせていただきたいと存じます。そして、会員の先生方には、今後ともご指導・ご鞭撻を賜りたく存じます。よろしくお願い申し上げます。

2019年4月

日本行動医学会 吉内 一浩
  • お問い合わせ
  • UPM事務局 担当:大谷 upm_office@yahoo.co.jp

〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院 心療内科医局内