UPM大会のお知らせ

日本心理医療諸学会連合(UPM)第23回大会

おかげさまで終了いたしました

■大会テ−マ

「病を乗り越えて生きる」

会期 2010年10月10日(日)
会場 都市センターホテル7階(東京都千代田区平河町2-4-1)
※東京メトロ有楽町線・半蔵門線、「永田町駅」9b番出口より徒歩3分
主催 第16回日本実存療法学会・日本心理医療諸学会連合(UPM)第23回大会
大会長 永田勝太郎(財団法人国際全人医療研究所 理事長)
後援 WHO(世界保健機関)
参加費 会員:5,000円、非会員:6,000円、学生:3,000円
*事前登録はありません。当日会場にて受付いたします。
UPM参加学会 日本カウンセリング学会、日本健康心理学会、日本行動医学会、日本行動療法学会、日本交流分析学会、日本歯科心身医学会、日本実存療法学会、日本女性心身医学会、日本自律訓練学会、日本心身医学会、日本ストレス学会、日本ストレスマネジメント学会、日本内観医学会、日本内観学会、日本バイオフィードバック学会
大会準備室 日本実存療法学会 事務局
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-7-901
(財)国際全人医療研究所
TEL:03-5577-6841 FAX:03-5577-6842 E-mail:tklogos@nifty.com

第16回日本実存療法学会との合同開催です。

大会プログラム

第1会場
8:30 受付開始
9:55-10:00 開会の辞 永田 勝太郎
10:00-11:15 特別講演T   座長(通訳) 杉田峰康
「21世紀の全人的な健康とストレスの影響」
ステイシー・デイ (WHO名誉教授)
11:15-11:30 記念講演   座長 水島繁美
「橋田邦彦先生の側面観」
本多 和雄 (本多心身医学研究所所長)
11:30-12:30 ランチョンセミナー   座長 青山幸生
「緩和医療と酸化ストレス」
永田 勝太郎
12:30-14:00 UPM症例検討会   座長 橋口英俊、永田勝太郎
「患者と考える緩和医療〜がんの実存的転換〜」
大木 桃代 (日本健康心理学会)
熊野 宏昭 (日本行動療法学会)
小池 眞規子 (日本カウンセリング学会)
小山 敦子 (日本交流分析学会)
長山 恵一 (日本内観医学会)
患者 K氏 (慢性骨髄性白血病)
14:00-15:30 特別講演U   座長 加藤眞三
「フランクル博士の生涯と実存分析」
ハラルド・モリイ (ウイーン・ロゴセラピー研究所)
15:30-17:00 公開シンポジウム   座長 井上恵、志村則夫
「いのちと実存〜医療と教育の現場から〜」
米山 明 (心身障害児総合医療療育センター小児科)
江口 毅 (KKジャパンEAPシステムズ,PSW)
大津 和子 (十日町市適応教室)
笠 伊次郎 (東京セルフの会)
17:00-17:05 閉会の辞 廣門 靖正
第2会場
8:30 常設展示
*UPM各学会の紹介(各学会のポスター展示)
日本カウンセリング学会,日本健康心理学会,日本行動医学会,
日本行動療法学会,日本交流分析学会,日本歯科心身医学会,
日本実存療法学会,日本女性心身医学会,日本自律訓練学会,
日本心身医学会,日本ストレス学会,日本ストレスマネジメント学会,
日本内観医学会,日本内観学会,日本バイオフィードバック学会
計15学会
11:00-12:00 UPM理事会
12:00-12:30 ビデオ上映
「フランクル博士と癌患者の対話(VTR)」
14:00-15:30 ワークショップ   座長 劉 以誠
「林気功の理論と実際」
林 楠山(中国北京大学教授)によるWS。
*北京にて開発された科学的気功(動く自律訓練法)。
  • お問い合わせ
  • UPM事務局 担当:篠ア、成島 upm_office@yahoo.co.jp

〒101-8312
東京都千代田区神田駿河台1-8-13